Ubuntu 16.04のログインサウンドを有効にする好みのサウンドに変更する

Ubuntu 16.04でもあのなつかしいログインサウンドを再生できる

Ubuntu 16.04ではデフォルトで、ログインするときにサウンドが鳴らないように設定されています。

Ubuntu 16.04 ログインサウンド

Ubuntuを古くから使っているユーザーはご存じだと思いますが、Ubuntu 11.10以前のバージョンでは、ログイン時に印象的なサウンドが再生されていました。

Ubuntu 12.04からは、「3秒のサウンド再生は無駄」という開発者の意向で、ログインサウンドが再生されないように仕様変更されています。

ただ、ログインサウンドそのものはUbuntu 16.04にも存在するので、「自動起動するアプリケーション」を使えば、あのなつかしいログインサウンドを再生することができます。

また、サウンドファイルを再生するコマンド「paplay」を使えば、好みのサウンドをログインサウンドに設定することもできます。

Ubuntu 16.04の自動起動するアプリケーションにログインサウンドを追加する

Ubuntu 16.04であのなつかしいログインサウンドを有効にするには、まず、Dashから「session」で検索して、「自動起動するアプリケーション」を開きます。

Ubuntu 16.04 ログインサウンド 有効 自動起動するアプリケーション

「追加」ボタンをクリックして、新しい自動起動するプログラムを開いたら、「コマンド」ボックスに以下のコマンドをコピーペーストしましょう。

/usr/bin/canberra-gtk-play --id="desktop-login" --description="GNOME Login sound"

「名前」と「説明」を入力して追加すれば、次回ログイン時にあのなつかしいログインサウンドが再生されます。

また、ログインサウンドを好みのサウンドファイル(.ogg, .wav)に変更したいときは、音楽ファイルを再生するコマンド「paplay」を使いましょう。

paplay /home/ubuntuapps/ミュージック/sound1.wav

この例のように、「コマンド」ボックスに、paplayに続いてサウンドファイルへのパスを設定すれば、好きなサウンドをログインサウンドとして再生することができます。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed