Ubuntu 16.10 リリース 新機能に乏しくUnity 7のメンテナンスに留まる

Ubuntu 16.10 バグフィックスやセキュリティパッチ中心のリリース

Ubuntu 16.10 Yakkety Yak(ヤケティ・ヤック)が、2016年10月13日(木)に正式リリースされました。

Ubuntu 16.10 リリース

Ubuntu 16.10 YakketyYak ReleaseNotes https://wiki.ubuntu.com/YakketyYak/ReleaseNotes

Ubuntu 16.10では、次世代Ubuntuの要であるUnity 8はデフォルト採用されず、Unity 7のメンテナンスリリースにどどまっています。

また、Ubuntu 16.04から引き続き、ホームページからの公式なISOイメージの提供は64bit版のみとなります(32bit版のNetwork installerとBitTorrentは存在します)。

http://releases.ubuntu.com/16.10/からは、32bit版のISOもダウンロードできます。

Ubuntu 16.10の主要システムのバージョンはそれぞれ、Linux kernel 4.8、Unity 7.5、GNOME 3.20にアップデートされ、マイナーなバグフィックスやセキュリティパッチが適用されています。

Ubuntu Yakkety (16.10) https://launchpad.net/ubuntu/yakkety

Ubuntu 16.10はNon-LTSのメンテナンスリリースなので、そのサポート期間は2017年7月までの9か月間になります。

Ubuntu Releases https://wiki.ubuntu.com/Releases

Ubuntu 16.10は魅力のある新機能や変更点が乏しいバージョン

Ubuntu 16.10のリリースノートの「New features in 16.10」によると、デスクトップ版の主な新機能として、以下の5つが挙げられています。

  • LibreOffice 5.2へのアップデート
  • Nautilus 3.20へのアップデート
  • GNOMEが提供するアプリが3.20以上にアップデートされた。
  • ソフトウェアの更新でPPAの変更ログのエントリが表示されるようになった。
  • 起動処理とサービスを管理する「Systemd」がユーザーセッションにも使われるようになった。

主要アプリのマイナーアップデートとシステムの細かな変更だけで、特に新機能と呼べるものはありません。

また、Unity 8の開発者向けプレビューがデフォルトでインストールされていますが、あくまでも「開発者向け」であり、通常使うPCで動作させるレベルではありません。

Unity 8 Desktop Session Arrives in Ubuntu 16.10 - OMG! Ubuntu!

Trying Out The Experimental Unity 8 Session On Ubuntu 16.10 - Phoronix

Ubuntu 16.10 (Yakkety Yak) to Ship with an Optional Unity 8 Session After All - Softpedia

他には、Ubuntu 16.04で導入された「Ubuntu Software」がより高速になり、Non-GUIアプリも検索できるようになったことぐらいで、Ubuntu 16.10は魅力のある新機能や変更点が乏しいバージョンになっています。

Ubuntu 16.10のパフォーマンスはUbuntu 16.04よりも向上しているか?

Linuxのハードウェアレビューやパフォーマンス測定を実施しているPhoronixが、Ubuntu 16.04とUbuntu 16.10を比較した各種ベンチマークを行っています。

Ubuntu 16.10 Doesn't Change Much With Performance, Clear Linux Still Leads In Most Tests - Phoronix

このテストによると、Ubuntu 16.04とUbuntu 16.10のパフォーマンスは、あまり変わらないようですね。LAME MP3 Encodingなど一部テストでは、逆にUbuntu 16.04の方が速いという結果になっています。

このベンチマークはあくまでも一つの目安にすぎませんが、Ubuntu 16.10をインストールしても、パフォーマンスの向上は期待できないようですね。

Ubuntu 16.10のインストールは見送ることに

  • Ubuntu 16.10はバグフィックスやセキュリティパッチ中心のリリースであり、魅力のある新機能や変更点がない。
  • Ubuntu 16.10をインストールしてもパフォーマンスの改善はほとんど見込めない。
  • 現状でUnity 8に対応したアプリはほとんどなく、Unity 8の開発者向けプレビューは、一般ユーザーにとっては無駄なディスク容量を消費するだけ
  • Ubuntu 16.04 LTSが、過去最高に安定して使えている。
  • Ubuntu 18.04 LTSまでの2つのメンテナンスリリースで、いよいよUnity 8が正式採用される可能性がある。
  • 経験上、LTS直後の10月リリースはトラブルが多い。

以上の理由で、あえて安定しているUbuntu 16.04を削除してまで、Ubuntu 16.10をクリーンインストールするメリットはないと考え、今回はUbuntu 16.10のインストールを見送ることにしました。

「Ubuntu 17.04 or Ubuntu 17.10でUnity 8が標準採用されるか?」が大きいですが、それまでUbuntu 16.04を使い続けようと思います。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2016 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed