Sensors Unity - CPUの温度をUnityランチャーに表示する

CPU温度をUnityランチャーのアイコンで監視できる

Sensors Unityとは、UbuntuのUnityランチャーにCPUの温度を表示する小さなアプリケーションです。

Sensors Unity Ubuntu CPU温度 ランチャー

Sensors Unity PPA https://launchpad.net/~rojtberg/+archive/ubuntu/sensors-unity

Download Sensors Unity Deb Package https://launchpad.net/~rojtberg/+archive/ubuntu/sensors-unity/+files/sensors-unity_16.09+git201612231840~ubuntu16.04.1_all.deb

Ubuntu 16.04 - Sensors Unity CPU温度 ランチャー
バージョンインストール方法起動方法
Sensors Unity 16.09「sensors-unity_16.09+git201612231840-ubuntu16.04.1_all.deb (8.4KB)」をダウンロードしてGDebiからインストールDashホームから「sensor monitor」で検索して起動

CPUの温度をパネルではなくランチャーアイコンに表示できるのが、Sensors Unityです。

CPU全体またはコアごとの温度を選んで、アイコンのラベルにその温度を表示します。

センサーを選んでCPUやコアの温度をランチャーに表示する

Sensors Unityをインストールして起動すると、「Sensor Monitor」ダイアログが開きます。

Sensors Unity Ubuntu CPU温度 ランチャー センサーの選択

「Thermal Sensors」が温度のセンサーです。プルダウンすると有効なセンサーが表示されます。

センサーのラベルは環境によって異なりますが、ここでは、CPU全体の温度なら「Physical id 0」、また、コアごとの温度なら「Core 0, Core1」です。

あとは、それぞれのラベルの右側にある「monitor」をチェックして、Unityランチャーのアイコンに温度を表示しましょう。

なお、CPUファンの回転数「Fans」とCPUの電圧「Valtages」が非表示になっているのは、コマンドラインのハードウェアモニタ「lm-sensors」がインストールされていないためです。

「Fans」と「Valtages」を表示したいときは、「lm-sensors」をインストールした後に、「$ sensors-detect」コマンドでハードウェアセンサーを検出しましょう。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2017 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

VidCutter 4.0.0が起動できないときの対処法 Aug 16, 2017

IP Finder GNOMEのトップバーにグローバルIPアドレスと国旗を表示する拡張機能 Aug 15, 2017

Selene v17.7 デザインが一新されより使いやすくなった動画変換アプリ Aug 11, 2017

Cryptkeeper - パスワードを設定したフォルダを簡単に作成できる暗号化フォルダマネージャ Aug 08, 2017

Simple net speed - ネットスピードの表示をクリックで切り替えるGNOME拡張機能 Aug 04, 2017

Blyr - オーバービューの背景にぼかし効果を追加するGNOME拡張機能 Aug 01, 2017

Tilix - GNOME HIGに準拠したタイル型ターミナルエミュレータ Jul 28, 2017

Weather - 現在の天気を巨大なアスキーアートで表示するコマンドラインツール Jul 25, 2017

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed