Ubuntu 18.04 LTSに向けてUbuntu 16.04にGNOMEデスクトップをインストールする

Ubuntu 16.04で新しいバージョンのGNOMEデスクトップ環境を使う

Ubuntu 18.04 LTSには、標準デスクトップ環境としてGNOMEがインストールされることになりました。

Ubuntu 18.04 LTSはGNOMEを標準デスクトップとしてリリースされる

まだ約1年ありますが、Ubuntu 16.04にもGNOMEをインストールして、今からGNOMEの操作に慣れておきましょう。

Ubuntu 16.04 GNOME インストール

GNOME https://www.gnome.org/

Ubuntu 16.04に標準でインストールできるGNOMEのバージョンは、GNOME 3.18です。

より新しいバージョンのGNOMEをインストールするには、「GNOME3 Staging PPA」という、次のリリース前にテストとして使用されるPPAを追加する必要があります。

GNOME3 Staging PPA: https://launchpad.net/~gnome3-team/+archive/ubuntu/gnome3-staging

GNOMEの最新版は、2017年3月にリリースされたばかりのGNOME 3.24ですが、残念ながら現時点でUbuntu 16.04にインストールできる新しいバージョンは、GNOME 3.20になります。

【注意】GNOME3 Staging PPAは、あくまでもテスト用のPPAです。ほとんどの機能が問題なく動作しますが、インストール後に重大な問題が発生する可能性もあります。

Ubuntu 16.04にGNOME 3.20デスクトップ環境をインストール

何か問題があったときのために、ここではUnityと併用できるかたちでインストールします。

インストールで消費されるディスク容量は約1.5GB、インストール時間は約30分かかります。

「GNOME3 Staging PPA」を使用するためには、メインの「GNOME3 PPA」も追加する必要があります。

ここでインストールする「ubuntu-gnome-desktop」は、Ubuntuフレーバーである「Ubuntu GNOME」のメタパッケージです。

$ sudo add-apt-repository ppa:gnome3-team/gnome3-staging
$ sudo add-apt-repository ppa:gnome3-team/gnome3
$ sudo apt update
$ sudo apt-get install ubuntu-gnome-desktop

インストールの途中で、ディスプレイマネージャ(ログイン画面を提供するプログラム)の設定画面が表示されます。

Ubuntu 16.04 GNOME インストール ディスプレイマネージャ

「了解」にフォーカスして「Enter」キーを押すと、デフォルトのディスプレイマネージャの選択画面が表示されます。

Ubuntu 16.04 GNOME インストール ディスプレイマネージャ lightdm

「lightdm」がフォーカスされているのを確認したら、「Enter」キーでインストールを進めましょう。

コマンドプロンプトに戻ったら、インストールは完了です。

あとは、Ubuntuを再起動して、ログイン画面の右上にあるロゴアイコンから「GNOME」を選択してログインしましょう。

もし、ロゴアイコンをクリックすると、ログイン画面のアイコンとパスワードボックスが消えてしまい、デスクトップの切り替えができないという問題が発生した場合、以下の方法を試してみてください。

ログイン画面で「Enter」キーを押せば、パスワードボックスが再表示されます。

いったんUnityのままログインしてから、端末から以下のコマンドでlightdmの設定を再構築します。

$ sudo dpkg-reconfigure lightdm

再構築後にログアウトすると、今度はアイコンクリックで「GNOME」が選べるようになっているので、GNOMEに切り替えてログインしましょう。

間違って再起動してしまうと、もう一度lightdmの再構築からやり直すことになるので、必ず「ログアウト」するように注意してください。

GNOMEとUnityの基本操作の違いを確認する

GNOMEでUnity Dashに相当するものが「アクティビティ」です。

Ubuntu 16.04 GNOME アクティビティ

アクティビティの起動は、上部パネル左にある「アクティビティ」をクリックするか、キーボードのスーパーキー(Windowsキー)です。

上部ボックスからキーワード検索してアプリを起動するのは、Unity Dashと同様です。

左側に表示されるアイコンがランチャーで、お気に入りのアプリを登録したり、起動中のアプリケーションの切り替えに使用します。

また、中央には起動中のアプリのサムネイルも表示されるので、こちらからアプリを切り替えることもできます。

Ubuntu 16.04 GNOME パネルアイコン

パネルアイコンには、電源、サウンド、ネットワークが並びますが、これらはそれぞれ独立したものではなく、一体化されています。

クリックするとメニューが表示され、ボリュームコントロール、明るさの調整、ネットワーク、ログインユーザーなど、1つのメニューから様々な操作ができます。

下部にある2つのボタンは、左がシステム設定で、右が電源オフや再起動です。

なお、時計やカレンダーは、上部パネル中央に配置されます。

Ubuntu 16.04 GNOME インジケーター アイコン

また、日本語入力やUnityで使用していたインジケーターのアイコンは、デスクトップ左下に格納されます。

ウィンドウに最大化/最小化ボタンを追加する

驚いたことに、GNOME3のウィンドウには、閉じるボタンしかありません。

最大化/最小化ボタンを追加するには、標準でインストールされる「GNOME Tweak Tool」を使います。

Ubuntu 16.04 GNOME Tweak Tool タイトルバーボタン

「設定項目」から「ウィンドウ」を選んだら、「タイトルバーボタン」の「最大化」と「最小化」をオンにしましょう。

下部パネルに開いているウィンドウのリストを表示して切り替える

GNOME3で開いているウィンドウを切り替えるには、アクティビティを表示するか「ALT + TAB」スイッチャーを使いますが、いちいち操作するのが面倒です。

Windowsのように、開いているウィンドウを下部パネルにリスト表示したい場合は、GNOME Tweak Toolの「拡張機能」を使います。

Ubuntu 16.04 GNOME Tweak Tool 拡張機能 ウィンドウリスト

「設定項目」から「拡張機能」を選んで、「Window List」をオンにします。

すると、開いているウィンドウのアイコンとタイトルが下部パネルにリスト表示され、クリックで切り替えができるようになります。

Ubuntuアプリのいいところ 関連コンテンツ

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2017 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Trash - GNOMEのトップバーにゴミ箱を追加する拡張機能 Jun 27, 2017

macOS iCons - Ubuntu GNOMEで使うのに最適なMac風アイコンテーマ Jun 23, 2017

Buttercup - モダンUIが使いやすい軽量パスワードマネージャ Jun 20, 2017

cracklib-checkコマンドでパスワードの強度をチェックする Jun 16, 2017

Arc Menu - GNOMEのアクティビティボタンからアプリケーションメニューを表示する拡張機能 Jun 13, 2017

Headset - コンパクトなYouTubeのデスクトップ音楽プレーヤー Jun 09, 2017

互換性のないGNOME拡張機能をインストールする方法 Jun 06, 2017

GSmartControl 0.9.0 ハードディスク診断ツール アップデート Jun 02, 2017

ブログ Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com

RSS Feed